あにばな!

あにばな!

アニメを楽しむファンサイト

アニメ好きが選ぶ!曲と映像がスゴい神アニメオープニング10選!!

f:id:anibana:20210731004127p:plain

アニメの導入に欠かせないオープニング。音楽やアニメーション映像など作品の特徴、魅力がアニメのオープニングにはぎゅっと詰まっています。なかでも、音楽と映像のシンクロ率が高く、思わずスゴい!かっこいい!と驚くアニメのOPを10曲厳選して紹介します。

オープニングは作品の印象を決める!名作を厳選して紹介!

アニメ作品の本編に入る前に流れるオープニングは、アニメの"顔"と言われ、クオリティの高いオープニングは、それだけで視聴者にそのアニメを観たい!と思わせる力があります。

この記事では、アニメが大好きな筆者が名OP、神OPと呼ばれるもののなかから、音楽と映像のシンクロ率が高く、思わずスゴい!かっこいい!と驚くオープニング10曲を厳選して紹介します。

1.「紅蓮の弓矢」/『進撃の巨人』

f:id:anibana:20210730233245j:plain

出典:www.amazon.co.jp

諫山創による漫画を原作とし、2013年から放送された『進撃の巨人』は、壁の内側で暮らす人類と、壁の外に突如現れた巨人との対決を描く作品。

Linked Horizonの楽曲「紅蓮の弓矢」は、アニメ第1期の前期OPテーマとして放送されました。

歌詞のなかに主人公の名前である「イェーガー」や「エレン」、また、主要キャラクターの名台詞が散りばめられており、『進撃の巨人』の世界観を連想させる曲となっています。

物語の世界観をOPだけで見事に表現した構成や歌詞など2013年に放送されたとは思えない完成度で、当時大きな話題になりました。

2.「resonance」/『ソウルイーター』

f:id:anibana:20210730232639j:plain

出典:www.amazon.co.jp

 大久保篤による漫画を原作とし、2008年から放送された『ソウルイーター』は、死神武器職人専門学校、通称「死武専」に通う「職人」と「武器」がペアになり、悪人の魂99個と魔女の魂1個を「武器」に食べさせ、死神様の武器「デスサイズ」を作り出すための学園生活を描く物語。

T.M.Revolutionの楽曲「resonance」は、アニメ第1期のOPテーマとして放送されました。

「resonance」は"共鳴"という意味ですが、まるで映像と音楽が"共鳴"しているかのような一体感が特徴のオープニング。ノリのいいテンポの曲に見どころ満載の映像が合わさって何回みても本当にスゴい…と思わせてくれます。イントロからアニメのタイトルロゴが出る間に、まるで3Dのように動く路地の様子や、キャラクターの"狂気"を感じさせる表情は必見です。

3.「シルエット」/『NARUTO-ナルト-』

f:id:anibana:20210730233750j:plain

出典:www.amazon.co.jp

岸本斉史による漫画を原作とし、2002年から放送された『NARUTO -ナルト-』は、体内に九尾の妖狐を封印された落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが里一番の忍である火影を目指し、仲間たちと共に数々の試練を乗り越え成長していく物語。

KANA-BOONの楽曲「シルエット」は、続編アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』の16番目のOPテーマとして放送されました。

主人公のナルトが落ちこぼれでいじめられていた幼少期から、最強の忍者へと成長する姿を描いたシーンにうるっときますし、大迫力の戦闘シーンに目を奪われます。作画の枚数はいったい何枚なんだろう…とスタッフの熱意に感動するほどの映像で、何度でも観たくなるオープニングです。

4.「ホログラム」/『鋼の錬金術師』

f:id:anibana:20210730233930j:plain

出典:www.amazon.co.jp

荒川弘による漫画を原作とし、2009年から放送された『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』は、主人公の鋼(はがね)の二つ名を持つ錬金術師エドワードと、鎧の体を持つ弟アルフォンス兄弟が、人体錬成という禁忌を侵し、失った肉体を取り戻すために賢者の石を探す旅の道中を描く作品。

NICO Touches the Wallsの楽曲「ホログラム」は、アニメ第2期のOPテーマとして放送されました。

ゆったりとしながらも力強い曲となっており、映像もそれに合わせて登場キャラクターが躍動します。曲、映像ともに緩急の付け方が絶妙で、見せ場の戦闘シーン以外も印象に残る名作です。

5.「ソラノウタ」/『ブレイブウィッチーズ』

f:id:anibana:20210730234103j:plain

出典:www.amazon.co.jp

島田フミカネおよびProjekt Kagonish原作・角川書店(KADOKAWA)企画によるメディアミックス作品「ストライクウィッチーズ」シリーズとして制作された『ブレイブウィッチーズ』は、世保航空予備学校に通う主人公の雁淵ひかりが、突如出現した異形の敵「ネウロイ」と戦う戦場の最前線部隊である第502統合戦闘航空団へ入隊し、ひかりを始めとする人類の希望を背負ったウィッチたちが、東欧の寒空を駆け抜ける物語。

石田燿子が歌う「ソラノウタ」は、2016年にブレイブウィッチーズのOPテーマとして放送されました。

KADOKAWA公式よりBlu-ray&DVD収録版のオープニングをYoutubeで公開しています。

www.youtube.com

勇気が湧いてくる曲の歌詞と、主人公の可愛い顔に強い意思を秘めた眼、超高速で行われる空中戦闘シーン、初夏を思わせる清々しい青空のシーンが視聴者を釘付けにします。いちどみただけでは戦闘シーンで何が行われているか把握するのが難しいほど場面が切り替わりますが、スローで細かくみると、一つ一つが非常に丁寧に描かれている作品。多くの人に知って欲しい隠れた名作です。

6.「紅蓮華」/『鬼滅の刃』

f:id:anibana:20210731001848j:plain

出典:www.amazon.co.jp

吾峠呼世晴による漫画を原作とし、2019年から放送された『鬼滅の刃』は、親兄弟を人喰い鬼に殺されてしまった少年・竈門 炭治郎が、生き残るものの鬼にされた妹の禰豆子を人間に戻す方法を探すため、鬼たちとの戦いに身を投じる物語。

LiSAが歌う『紅蓮華』は、アニメ第1期のOPテーマとして放送されました。

オープニングでの、日本が世界に誇る天才絵師 葛飾北斎(かつしか ほくさい)の浮世絵にある波をイメージし、動かしたとされる『水の呼吸』の技の描写は、アニメーション史上はじめてみる表現であり、世間に衝撃を与え、作品の魅力とともにアニメの人気は社会現象にまでなりました。

7.「sister's noise」/『とある科学の超電磁砲 S』

f:id:anibana:20210731002029j:plain

出典:www.amazon.co.jp

鎌池和馬(原作)、冬川基(作画)、灰村キヨタカ(キャラクターデザイン)による漫画を原作とし、2009年から放送された『とある科学の超電磁砲』は、学生全員を対象にした超能力開発実験が行われている「学園都市」で、電撃を操る能力を持つ主人公、御坂美琴がそこで起こる様々な事件を解決していく物語。

fripSideの楽曲『sister's noise』は、アニメ第2期の前期OPテーマとして放送されました。

可愛いキャラクターの平和な様子と、どことなく学園都市の"闇"を感じさせる演出、電撃やテレポート、敵の原子崩し(メルトダウナー)と呼ばれる超能力を使った戦闘描写、闇に負けない!と感じさせる楽曲の歌詞など見どころがつまった作品になっています。

8.「IGNITE」/『ソードアート・オンラインⅡ』

f:id:anibana:20210731002236j:plain

出典:www.amazon.co.jp

川原礫によるライトノベルを原作とし、2012年に放送された 「ソードアート・オンライン」の続編『ソードアート・オンラインⅡ』は、 主人公のキリトは銃器と鋼鉄のVRMMORPGゲーム「ガンゲイル・オンライン」に出没した謎のプレイヤーである死銃(デス・ガン)が関わるとされる連続変死事件の調査を依頼され、死銃との接触を図るべく最強のガンナーを決める大会「バレット・オブ・バレッツ」(BoB)に参加する物語。

藍井エイルが歌う『IGNITE』は、アニメ第2期の前期OPテーマとして放送されました。

ノビのある力強い歌声が印象に残る本作。映像の見どころは、なんといっても主人公キリトが銃を相手に剣で立ち回る殺陣シーン。飛び交う銃弾を剣で斬る映像のスゴさとかっこよさは、他に類(るい)をみません。

9.「oath sign」/『Fate/Zero』

f:id:anibana:20210731002413j:plain

出典:www.amazon.co.jp

虚淵玄(原作)、武内崇(キャラクターデザイン・イラスト)による小説を原作とし、ノベルゲーム「Fate/stay night」のスピンオフ作品として2011年から放送された『Fate/Zero』は、勝者の願望をなんでも叶える力があるとされる聖杯(せいはい)をめぐって、主人公衛宮切嗣(えみやきりつぐ)を含む7人の魔術師が、伝説上の人物(英霊)をサーヴァントとして召喚して争う「聖杯戦争」を描く物語。

LiSAが歌う『oath sign』は、アニメ第1期のOPテーマとして放送されました。

まるで本当の生きてその場に存在しているかのように、キャラクターの喜びや憂いの表情が素晴らしい映像となっており、それぞれの登場人物が聖杯戦争にかける思いが見事に映し出されています。主人公衛宮切嗣の振る舞いやその召喚したサーヴァント「セイバー」の剣を振るうシーンはとてもかっこよくて、何度も繰り返し再生したくなるオープニングの一つです。

10.「コネクト」/『魔法少女 まどか☆マギカ』

f:id:anibana:20210731002808j:plain

出典:www.amazon.co.jp

シャフト制作によるテレビアニメ作品で、2011年に放送された『魔法少女まどか☆マギカ』は、自分の好きな願いを1つ叶えた代償として「魔法少女」となり、人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、主人公の中学生・鹿目まどかを中心に描く物語。

ClariSが歌う『コネクト』が、アニメのOPテーマとして放送されました。

このオープニングを初めてみる人は、なぜこれがランクイン?と思われるかもしれない作品。この作品のスゴいところは、オープニングだけでは映像と歌詞に秘められた意味がわからないところにあり、よくある魔法少女アニメのオープニングにみえるように作られているところです。アニメ本編を観ていくことで、視聴者はその隠された意味を知ります。それを知った時、きっと目に涙を浮かべるはずです。アニメの視聴者に大きな衝撃を与える不朽の名OPです。

 

 

以上、おすすめのオープニングを10個紹介させていただきました。

魅力的なアニメオープニングが多いなか、これらを選ぶにあたって、3日以上悩んで悩んで悩みぬいて、記事を書いてる途中も悩みながら選びました。

アニメに詳しい方のなかには、あのオープニングが入ってないよ!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。今回ご紹介できなかった他の魅力的なオープニングについては別の記事で紹介できたらと思っています。

この記事が皆様の参考になれば嬉しいかぎりです。最後まで見てくださってありがとうございました!