あにばな!

あにばな!

アニメを楽しむファンサイト

【面白い】「コードギアス 反逆のルルーシュ」をアニメ大好きな人が見てみた!感想・評価 ★★★★★

こんにちは。あにぃです。

今回、感想と評価を書く作品はこちら。

                   「コードギアス 反逆のルルーシュ」

f:id:anibana:20210804231936j:plain

出典:サンライズ公式 作品情報

       (CODE GEASS Lelouch of the Rebellion)

サンライズ制作のアニメで、ストーリー原案は大河内一楼さん、谷口悟朗さん。

2006年に放送された1期は全25話構成です。

 

アニメ好きが数人集まって、どのアニメが好き?と聞けば多くの割合で名前が上がるであろう名作。

いまから15年前の2006年に制作されたにもかかわらず、古さは全く感じさせません。

 

・・・・・・っていうのは言い過ぎかな。

正直、現在のアニメの作画技術は当時よりだいぶ上がってますから、絵は少し古いと感じるかもしれません。キャラデザとか。

 

ただ、面白いです。

面白すぎて、忘れた頃にまた見たくなるくらいに。

実際、数え切れないほど繰り返し見ました。

 

作品の評価と感想を書いていきますので、ぜひお読みください。

 

コードギアス 反逆のルルーシュ アニメの内容 あらすじ

超大国ブリタニア帝国に占領された日本=エリア11。そこに生きる二人の少年、ルルーシュとスザク。「ギアス」の力を手に入れ、世界を壊そうとするルルーシュ。ナイトメアフレーム「ランスロット」を操り、世界に理想と真実を求めるスザク。二人の対照的な生き方は、やがて帝国を揺るがす大きなうねりとなっていく。(C)SUNRISE/PROJECT GEASS・MBS Character Design (C)2006 CLAMP

引用:コードギアス 反逆のルルーシュ

 

コードギアス アニメ の1話がスゴい!視聴者の心を掴む冒頭シーン!

このアニメ、きっかけは友人からおすすめされて見たんですが、冒頭からロボットが出てくるんですよ。

f:id:anibana:20210811132113p:plain

第1話 ブリタニア帝国から日本が侵略されるシーン

以前は、ガンダムとか、ロボット系アニメがいかにも「オタク」って感じで何となく苦手で。

この時点で、うわぁ・・・見るのやめようかな・・・って思ったんですけどね。

 

次の瞬間。

 

この兵器に侵略されて、すっかり変わり果てた景色のなかで子供が言うんですよ。

 

 「僕は・・・スザク・・・・・・、僕は・・・!!」

f:id:anibana:20210811132151p:plain

第1話 主人公ルルーシュ子供時代

「ブリタニアを・・・・・・ぶっ壊す!!!」

 

 

全身に鳥肌が立ちましたね。

 

周囲はことごとく破壊されていて、まだ10歳の子供がですよ。

真剣な顔で侵略してきた相手国をぶっ壊すって言ったんです。

 

衝撃でした。

 

アニメを見て体が震える感覚を生まれて初めて味わいました。

視聴者の心をガッチリ掴むアニメ史上最高の冒頭シーンだと思います。

このシーンだけでも一見の価値ありです。

 

コードギアス アニメ の「ギアス」の設定が面白い!

 主人公ルルーシュは、「ギアス」という絶対遵守-あらゆる命令を強制する-力を手にします。

相手に「踊れ」と命令すれば踊る。「質問に答えろ」と命令すれば答えてくれる。

とんでもない能力。最強です。

 

でもこの能力には、

①相手の眼を見なければならない

②同じ相手には二度かけられない

という制限があって、これが作品を面白くしている。

 

なんせ、ルルーシュの相手は巨大な"国"ですから、この能力を持ってしても簡単にはいきません。

使うべき時にうまく使わないと、窮地に追い込まれてしまいますし、強力な敵や味方が増えれば増えるほど、制限が邪魔になります。

 

そのうえ、この能力は使えば使うほど力が強くなっていき、終盤には主人公の手に余る事態が生じます。

 

自分にもあったらなぁ・・・と思わせるギアスという魅力的な能力と、それでも完全に思い通りとはいかない作中の描写。

自分がギアスを持っていたらどうするかな・・・とか、ルルーシュの失敗から、どうすれば思い通りに事態が動いたんだろう・・・と考えるのが楽しい。

 

ルルーシュは頭がよく、情報から予測できることは大体予測してるので、超える発想をするのは難しいですけどね。

 

あ”あ”!欲しいよ。ギアス。たぶんろくなことに使わないけど。

 

コードギアス アニメ のキャラクターが魅力的!

コードギアスを彩るキャラクター達。

なかでも主人公ルルーシュと、ルルーシュの幼馴染で親友であり敵であるスザクがとても好きです。

 

主人公のルルーシュは自信家で、天才で運動音痴、テロリスト集団のリーダー。

敵のスザクは真面目で不器用、ずば抜けた身体能力を持っていて、ブリタニアの軍人。

対照的なふたり。だけど、お互いに親友だと思ってて、それぞれの信念を持って行動する。

 

二人共、自分こそが正しい!!と強烈に思ってるんだよね。

特にルルーシュの自信はスゴイ。

でもそこが格好いいし、ついていきたくなる。

 

人を惹きつけるほどの強い自信!

あこがれます。

 

性格もいいんですけど、表情がまたいいんだコレが!

例えば、主人公のルルーシュとかこんな表情するんですよ。

f:id:anibana:20210811132607p:plain

第1話 ラストシーン

 完全に悪役の顔だよ!!

 

こんな悪そうな顔する主人公・・・・・・好き

ええ?次どういう顔するの?とか見てるだけでも超楽しい。

イケメンだし。かっこいいし。

 

あ、ちなみにヒロインのC.Cという女性も超可愛いですよ。

ミステリアスな雰囲気が漂っていて、落ち着いた声で、大人の女性です。

色気があります。

顔は幼いのに。どきどきします。

 

コードギアス アニメ のロボットがカッコいい!!

冒頭シーンでロボットが出てきた時に、うわぁ・・・と引いてしまった私。

ただ、このアニメのおかげでそれが単なる食わず嫌いだったことを知ります。

「ロボットアニメアレルギー」を克服させてくれた作品。それがコードギアス。

 

ほら、見てこれ・・・

 

f:id:anibana:20210811132916p:plain

第8話 ランスロット発進シーン

f:id:anibana:20210811132941p:plain

第20話 ランスロット発艦シーン

美しいでしょ?

 

しかもマシンのデザインだけで美しいのに、発進する前のこのポーズ。

 

絶対速いヤツやん!

 

実際、見た目通りめちゃくちゃ速いです。

これはルルーシュの敵、スザクの「ランスロット」というマシンなんですけどね。

敵とか味方とか関係なく、速くて強くて美しいです。

 

他にもたくさん魅力的なロボットが出てきます。

ランスロットに対抗する性能の機体とか、主人公が操る専用機とか・・・。

それらがみんなとにかくかっこいい。

 

だからロボットアニメが苦手でちょっと・・・という人にもおすすめ。

きっと苦手意識なんて吹き飛びますよ。

ガンダムなどで実績があるサンライズ制作ならではの作画です。

 

コードギアス アニメ の終盤の展開がたまらない!

アニメ終盤、ルルーシュはギアスを使い続けた結果、力を制御できなくなり能力が暴走。

意図していないものの、取り返しのつかない過ちを犯してしまう。

 

そこからが面白い。

スザクを筆頭に色んなところから恨みを買うわ、ギアスの力を知る新キャラが出てくるわ、過ちすら利用し日本の首都攻防戦を始めるわ・・・。他にも色々。

 

22話から25話のラストシーンまで怒涛の展開。

目まぐるしく事態が動いていって、ぜんぜん眼が離せません。

ちゃんと話の筋が通っているしね。

 

そんな状況が刻々と変化していくなかで、最強でありながら、人に優しい甘さがあったスザクが、憎しみゆえにルルーシュを殺す気でかかってきて・・・。

熱い展開です。凄いアニメだな・・・と思います。

怒ったスザク超かっこいいし。

 

コードギアス 反逆のルルーシュ アニメ の 声優・CV

キャラ 声優
ルルーシュ 福山潤
スザク 櫻井孝宏
C.C. ゆかな
カレン 小清水亜美
ナナリー 名塚佳織
シャーリー 折笠富美子
ミレイ 大原さやか
リヴァル 杉山紀彰
ニーナ 千葉紗子
マオ 草尾毅
コーネリア 皆川純子
ユーフェミア 南央美
シャルル 若本規夫

実力と人気のある声優さんばかり。

コードギアスは、声優さんが力のこもった演技をされていて、いやあこれはすごい演技だな・・・と思うシーンが非常に多いです。

 

ちなみにルルーシュ役の福山潤さんとカレン役の小清水亜美さんは、この作品のあとに「狼と香辛料」という行商人とヒロインが旅をする別のアニメ作品で共演されていて、物語上のパートナーになっています。

ルルーシュとカレンがここでもイチャついてる!!と面白がった記憶があります。

 

コードギアス アニメ は最高評価の星5つです。★★★★★

この作品は、政治、恋愛、正義とは何か、国や民族、戦争と平和、ロボットバトルなどなど…。

ひとことでは言い表せないほど、様々な要素を持っています。

非常に奥が深い。

 

ただ、そういう色んな要素を含みながらも、メインストーリーはシンプルでわかりやすい。

だから面白い。

深いところがあまりわからなくても、すごいとかカッコいい、女の子可愛い、泣けるなどの心を刺激する名場面、名台詞がたくさんありますし。

「撃っていいのは、・・・・・・」とかね。

 

もしこのアニメを面白くない、とか言う人がいたらね。

相手の胸ぐらを掴んで理由を聞きます。

そのぐらい面白いアニメです。

 

以上、「コードギアス 反逆のルルーシュ」感想・評価の記事でした。

いかがだったでしょうか?

 

視聴済みの方も未視聴の方も、この記事をきっかけに作品を楽しんでいただけると嬉しいかぎりです。

近いうちに、続編の「コードギアス 反逆のルルーシュR2」の記事も書きたいと思います。

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!